【子どもたちを育てる】目の前にいる私たち大人の姿が、子どもたちの未来だ! part②

こんにちは!未来クリエイションです(*^^*)


今回もミラクリ(未来クリエイション)で今までに起きた感動の人生物語をご紹介します✨


☆☆☆☆☆


養護学校の教諭を辞めて、来クリエイションで11年務めた後、 結婚して東京へ♬

現在は全国トップレベルの受け入れをしている学童クラブ施設長に!!

『目の前にいる私たち大人の姿が、子どもたちの未来だ!』part②

(聞き手:野口健、野口ひとみ)


☆☆☆☆☆


3つの学童クラブの施設長として、子どもを守り、育てることにとても情熱を持っているえっちゃん!今回は、そんなえっちゃんとミラクリの出会いについてのお話...


part①の記事はコチラ


☆☆☆☆☆


●野口家に務め、子どものためのコースを立ち上げたえっちゃんが感じたこと


  素晴らしい施設をつくられているえっちゃんですが、そんなえっちゃんが野口家にいらっしゃったきっかけを教えていただけますか?


ひとみ もうすごく昔だけどね!


えっちゃん  私もう今55歳になりまして。30歳で野口家に行ったので…


ひとみ あら!25年前!そんなに時間が経ったの!


  昔はえっちゃんは大阪で体育の先生をしていたんだよね。


えっちゃん  そうです。そこも養護学校でした。ある時ものすごく仲が良くて、憧れの尊敬している男の先生に「おもろいとこあるから行きましょか?」って言われて(笑)!


  おもろいとこ?


ひとみ なんじゃそりゃ(笑)?


えっちゃん  「行きます!どこでも行きます〜!」って言って行ったのが…ミラクリやったんですよ~!(笑)


ひとみ すごい!めっちゃ軽い!みんなそんなふうに来てくれたらいいのにな~。


  それでえっちゃんは、そのままミラクリのスタッフになってくれたんですよね!


えっちゃん  そうなんですよ。ありがとうございました!すごく素敵な日々でした!11年いましたね。


ひとみ そこで色々勉強をしにくる子ども連れの大人の方のために『キッズコース』というのを立ち上げて、大人がセミナーをやっている間に、子どもたちもただ時間を潰すんじゃなくて、実のある事や学べることをやろう!ってえっちゃんが中心になってね!


  色んなこと、イベントをたくさんやって!


全員 楽しかったよね~!


  私たちの子どももそこで育ったんだよね!


ひとみ そう、ずっと行かせてもらってね。そのとき子どもだったみんな、大きくなってます!


えっちゃん  そのときから「子どもが未来を見ているのは、わけのわからないテレビとかの未来じゃなくて、目の前にいる大人の姿なんやな」って思ってて。目の前にいる私たちが子どもの未来。私たちが楽しんでイキイキと生きなければ、子どもは未来に夢なんか抱かない。


暗い顔をして、「あなたの夢は何?夢を持ちなさい」って言ったところで、「あなたには聞かれたくないですよ!」っていう。というか、あなたの未来はどうするんやと!


ひとみ アハハ!確かに!


  自分のことを考えろってね。ほんとやな!


えっちゃん  キッズコースに来る大人はね、アホな事ばっかりするんですよ〜!(笑)大人が楽しんで、その姿を見てきた子が今みんな大成功しています。

ひとみ 本当にね!立派に。


  あの子どもたちの中にも色んな子がいて、『ようへい君』なんかもね。


えっちゃん  そうそう。ようへい君という男の子は、自己主張が出来ずに、暗いことばっかり言って。彼の電話のかけ方で今でも忘れないのがね、普通は「えっちゃんいますか?」ってかけるじゃないですか。彼は「えっちゃんいませんよね」って言う(笑)。何しに電話してきたんや!ってね。


ひとみ (笑)


えっちゃん  なんやそれ!っていうぐらい暗い子だったんですけど、今24歳で子ども4人いるんです!


  24歳で4人も子どもさんが!


えっちゃん  介護福祉士になって、家も新築にしてね!


ひとみ すごい!


  24歳で家も建てた!


えっちゃん  子どものときから付き合ってる奥さんと早くに結婚したんですよ。18歳ですかね。


ひとみ そうかぁ!すごいね!


  それは良かった~

☆☆☆☆☆☆


11年ミラクリで働いてくれたえっちゃんは、結婚して東京へ...✨

次回は、そこから施設長になるまでの活躍や苦労話をお聞きします!

part③へ続く!


☆☆☆☆☆☆


株式会社 未来クリエイション 

〒​760-0017 香川県高松市番町4-9-7

  • グレーのYouTubeアイコン
  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円

Ⓒ2020 株式会社 未来クリエイション